HIVの女性と1年付き合った場合の感染率は5%

HIVの行為別の感染率は、男性側が膣挿入の場合は「0.05%」で2,000回に1回の確率になります。 平均で週に2回セックスをしたとした場合に1年間でHIV感染する確率は計算すると5%になります。 オーラルセックスのフェラチオという行為も女性から男性に移る可能性は0.005%と2万回に1回の割合になります。 性行為はコンドームを使用してない場合になり、ゴムありの場合はHIVの感染率は0%になります。 HIやエイズVの感染率は咽頭クラミジアなどに比べると思ったより低い数字になります。

HIV男性と1年間付き合った場合の感染確率は10%

今度は逆に女性として考えた場合は、男性がHIV陽性者だったら、女性が膣挿入で感染率は「0.1%」で1,000回に1回になります。 男性の場合よりも女性の方が2倍病気しやすいことになります。 日本でのエイズ及びにHIV者数は2016年時点で、男性が21,300人で女性が1,300人で男女比でいうと女性は5.7%と患者数が圧倒的に少ないです。 一番大きい理由がコンドームなしの肛門性行為で同性愛が原因の60%を占めています。

同性愛で相手が陽性者だった場合に1年間付き合うとHIV感染率は39%

男性と女性の組み合わせで一番危ないのがこのパターンです。 厚生労働省が公式に発表しているHIVの発症理由の原因でも確率が高く割合は60%です。 コンドームなしで肛門の性行為した場合は、挿入された側のHIV感染率は「0.5%」でエイズになるのは200回に1回です。 逆に挿入した側が感染率は、女性とのセックスと同程度で0.067%で危険が1/8になります。 週2回で1年間、陽性の男性と肛門性行すると39%の確率でHIVが移る計算になります。

保健所でHIV検査した人の感染率は0.4%だった

東京都内で行われた毎年3万人のHIV検査で感染率は平均で0.4%という結果でした。 250人に1人というスクリーニング検査で、この内本当に陽性だったのは恐らく0.3%くらいになるかと思います。 大凡検査を受ける300人に1人が陽性ということになり、検査キットでも同じくらいの確率になります。 HIV感染率が気に掛けてない無料の献血でのHIV検査では大きく割合が下がり、5万人に1人という確率で0.002%と100倍以上違います。

また年齢別で見るHIV感染率で新規で多かったのは35~39歳になります。 40代後半になると大きく下がる傾向にあるのは、恐らく性行為の回数と比例しているのではないかとのことです。 一番危険なのが、男性同士でゴムなしで30代同志というのがHIV感染率が高いということです。

風俗嬢の女性とゴムなしでセックスした場合のHIV感染率

膣挿入によるHIVの感染率は0.05%ですが、これは相手が陽性者だったと断定できた場合の数字です。 風俗嬢のように相手の素性が分からなく、後日体調が悪くもしかしたらウィルスや咽頭クラミジアの病気をもらって大変なことにならないかと不安になる人も少なくないと思います。 全国の風俗嬢の女性は30万人いると言われています。 HIV陽性の女性が1300人いて、最悪を考えて全員が風俗嬢だったと仮定して計算すると、1回の行為でHIVに感染率は0.0002%と「50万回に1回」の可能性になります。 ゼロではないので体調を崩したりしたら無料で保健所で検査を受けれますので率先して行った方が良いですが過剰な心配も精神的な負担になります。 風俗で週2回コンドームなしで1年間不特定多数の女性と遊んだ場合のエイズになるHIV感染率は「0.02%」になります。

HIV感染者のブログを読んで原因をまとめる

HIV感染者や咽頭クラミジアのブログを読むことで原因と感染率が分かってくるかと思い調査してみました。 特徴としては女性の場合は原因が何であったかを追求してないブログが多かったように思えました。 誰といつ起きたことかを記事にしてないというのは、確信があるが公に発表できないのか詮索しても意味がないと考えているのか不明です。 女性のブログで原因が書いてあったのは、風俗嬢歴6年の26歳と付き合った彼氏がHIV陽性で感染率があるとのことで検査したら陽性だった人です。 男性ではほとんどが同性愛の方のブログなので、女性からうつったと書いていた人は皆無だったので、HIVで女性から感染率というのは本当に少ないのではと思いました。

2017年現在ではHIVは即エイズ発症で不治の病という訳ではなくなってきています。 毎年患者数は増えてますが、新規にHIVに感染する人の数は横ばいになってきていて増加してないのが現状です。 年代では25~40歳が割合では多く、また外国籍の女性ではHIVを知っていて日本に来て風俗の仕事をするという噂もありますので、外国人には注意をしましょう。


 HIV初期症状は2週間以上10週未満の風邪に似ている


このページの先頭へ