咽頭クラミジアの写真や画像はほとんど嘘です

良く見かけるもので喉の奥が炎症して白い膿が固まっている咽頭クラミジアの写真は出所が不明で、本当は違う性病の患者のものです。 日本の個人のサイトがアメリカなどの海外の咽頭クラミジアの写真や画像を探していて、大元の記事をよく読まないで引っ張ってきているので大袈裟な症例になっているだけです。

参照:英文で咽頭クラミジアの写真が載っているブログ


このサイトを見て分かる通り、患者や写真の出所の説明もなく画像を3枚並べているだけで、これ自体が他の性病のを盗用した可能性が高いです。 というのも咽頭クラミジアは基本的に無症状であったり、普通の扁桃腺炎と区別が見た目では付かなかったりするので、多くの人が気付かずに感染してしまうのです。 性器クラミジアは写真や画像で分かる症状が出ることもあるようですが、喉は難しいようです。

お医者さんが公開している性病の画像や写真

◆ 宮川クリニック

http://www.na.rim.or.jp/~miyakawa/STD.htm

愛知県にある泌尿器科・婦人科の宮川クリニックさんの院長によるホームページで性病の症例がアップされています。

  • 淋病 男性
  • 性器ヘルペス 男性
  • 尖圭コンジローマ
  • 梅毒

宮川クリニックさんは包茎手術や他の性病などの症例を多数アップしていて、ネットを通じた遠隔治療に役立てればという趣旨で2017年現在もサイト更新されているようです。 この中においても、咽頭クラミジアの画像や写真はないので喉が白くなるような症例はないのではと思います。


◆ 松木泌尿器科医院

http://www.mat-iin.com/m_n-sei.htm

香川県の泌尿器科で性器クラミジアの写真をアップされていたので紹介させて頂きました。 クラミジアによる尿道炎で白い膿がペニスから出ている画像です。 松木泌尿器科医院さんの咽頭クラミジアについての説明で、「検査以外の審査は困難」とあるように写真や画像では医者でも分からないということになります。


◆ 船橋中央クリニック

http://mens.funa-biyou.com/photos09.php

包茎手術や長茎術や性病でネット集客で強く、目にすることが多い船橋中央クリニックさんのホームページにもいくつか症例が紹介されています。 船橋中央クリニックさんも咽頭クラミジアについては無症状ですと言い切っていて、性器の場合でも軽症であり特に女性の場合は何も起こらないと言っております。 淋病に比べると性器クラミジアによる尿道炎は軽く済むようです。

咽頭クラミジアと扁桃腺炎は画像や写真で分からない

咽頭クラミジアは感染率は若者で10%を超える性病の中では一番患者数が多い病気です。 ここまで若い人を中心に拡大している理由は、感染しても気づかないくらいの軽症か無症状だからです。 長期間で喉が痛いとか高い熱が出るとかはなく、写真や画像で比較しても扁桃線炎と咽頭クラミジアは区別することはできません。

見た目では医師でも区別できないので、検体を採取しての検査が存在するのです。 唯一推測として発症した日にちと怪しい日付から考えると下記の場合は咽頭クラミジアではなく単なる扁桃腺炎になると思われます。

  • 不安行為のエッチをしてから2日以内に急激に喉が痛くなった
  • 思い当たるエッチしてから3週間以上経過してから喉が痛くなった

咽頭クラミジアの潜伏期間は3日~3週間なのでそれ以外なら単なる風邪になります。 咽頭クラミジアに感染しても80%が無症状なので写真や画像と比較することは難しいのです。 症状がないからと放置しても治りませんので、心配なら検査をするのが間違いありません。


 咽頭クラミジア症状【陽性者の口コミ】


このページの先頭へ